HOME 特集 今月の健康 予防医学 温泉で健康




くしゃみ、鼻水、鼻づまりが三大症状。かぜと間違えないように要注意。

●初めてかかった人は鼻かぜと間違えやすい。
花粉症といえばスギ花粉症が代表的だが、原因となる花粉にはヒノキ、ブタクサなどがある。それぞれ花粉の飛散時期が異なるので、花粉症になった季節によって原因花粉は准定できる。
空気中を浮遊する花粉の粒子は、鼻や喉、目に直接入って、それぞれの粘膜表面に付着するため、花粉症の症状は鼻と日の症状が主となる。なかでも、くしやみ、鼻水、鼻づまりが三大症状とされる。
花粉症歴が長い人は、春先に症状が出てくると「また今年もか」とうんざりするものだが、初めて花粉症になった人は、軽いかぜや鼻かぜと間違えやすい。
花粉症とかぜの特徴的な違いは「かゆみ」。鼻のかゆみが強く、そのためくしやみを連発する。目のかゆみも強く現れていれば、花粉症の疑いは濃厚だ。鼻水は、かぜの時のような膿性の鼻汁ではなく、サラサラと透明で、鼻をかむそばから流れ出る。
これらの症状があり、花粉症にかかっていた場合、体内にはすでに花粉に対するIg抗体ができているため、翌年以降も、同じ花粉抗原にさらされると、同様の症状に悩まされる可能性が大きい。

●原因抗原を特定することが花粉症対策への第一歩。
花粉症らしき症状が出たら、それがどんな物質によって起こっているかを特定する必要がある。
抗原を特定するには、抗原液を皮内に注射したり(皮内テスト)、注射針でつけた小さな傷の上に抗原液をたらして皮膚の反応をみる検査(スタラッチテスト)が一般的だ。体内にその抗原液に対する抗体があれば、反応して皮膚が赤く腫れる。
そのほか、患者の血液を用いてIg抗体の種類を調べるRAST法や、鼻のなかに抗原をつけ、反応をみる検査がある。
花粉症を疑っている人は、一度こうした検査を受けてみると良いだろう。






減感作療法で80%以上の効果。レーザー治療は慎重に。

●花粉症は対症療法が中心。
一度かかると自然に治ることはない花粉症。花粉症用の薬も対症療法が主で、花粉症そのものを根本的に治す薬は今のところないが、最近ではスギ花粉症に対する「減感作療法」の効果が上がってきている。
この治療は、原因抗原のエキスを少量ずつ注射で体内に入れ、体を抗原に慣れさせてアレルギーの根元を断つというものだが、これまでスギ花粉症に関しては、あまりにも花粉量が多いことと、使用する従来型エキスが安定していなかったため、それほどの効果はみられなかった。
しかし、5〜6年前から使われ始めた標準化エキスには80%以上の効果が認められており、薬もマスクも不要で、鼻だけでなく、喉や目の症状も改善されるようになった。スギ花粉の飛散が終わる5〜6月頃から減感作療法を開始すれば、翌シーズンからは快適に過ごせる期待が大きい。
このほか、レーザーで鼻粘膜を焼灼して変性させ、ヒスタミンを感知する知覚神経を遮断して症状を緩和させる治療も注目されている。服薬や減感作療法に比べて治療時間は格段に短く(10分程度)、即効性のある治療法だが、粘膜は数カ月で再生するため、症状が改善されるのは1〜2年の間だけ。花粉症が完治するわけではない。また、レーザーによって上皮細胞がダメージを受け、鼻の正常な機能が損なわれて鼻づまりの原因となるケースもあるので、この治療を受ける際には、メリットとデメリットを十分に理解しておくことが大切だ。

花粉症治療に使われる主な薬
抗ヒスタミン剤 くしゃみ、鼻水、鼻づまりを軽減する。即効的に効くので、現在症状のある人に第一選択の薬
遊離抑制剤 肥満細胞から化学伝達物質が放出されるのを抑制して、症状を抑える
局所ステロイド剤 肥満細胞の数を減らして、くしゃみ、鼻水、鼻粘膜の腫れを改善する。遅効性だが根本療法に近い薬
抗ロイトコリエン剤 鼻づまりの改善
抗卜ロンボキサン剤 鼻づまりの改善





日本医療企画「ホスピタウン」より



このホームページのご意見・ご感想はこちらまでinfo@e.oisyasan.ne.jp

Copyright (C) 2000 e.oisyasan.ne.jp. All rights reserved