5月の健康のツボ 【ストレスと心の病気を撃退しましょう!】

●ストレスって老化のもと?

一般的にストレスとは、からだの外からくる、怒り、不安、悲しみ、または暑さ寒さなどを意味します。
ストレスがかかると、からだはそれに対する防衛本能により、常に安定した状態に保とうとしてホルモンを分泌していきます。ホルモンは内分泌腺でつくられ、からだの各部分に作用して、からだの働きや発達を調節しています。

そのため、適度なストレスはむしろ仕事の能率を高め、健康にも問題はありませんが、強すぎるとからだの老化を早めるだけでなく、緊張が高まり、イライラして、病気の引き金にもなります。

また、ストレスを受けると脳がそれを感知して神経伝達物質を分泌し、さらにホルモンを分泌させたり、自律神経にも影響を与えます。そのため動悸が激しくなったり、血圧が上がったり、食欲がなくなったりという症状があらわれます。

ストレスから引き起こされる病気には、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、心臓病、高血圧、糖尿病、円形脱毛症などがあり、これらはストレス病ともいわれています。

●ストレス度チェック自己診断テスト

次の15項目のうち、いくつ当てはまるか数えてみましょう。

★寝つきが悪い
★やる気が出ない
★朝から頭が痛かったり、重かったりする
★妙にあせることがある
★むやみにあくびが出る
★ささいなことで腹が立つ
★気が散って集中できない
★根気が続かない
★何に対しても感動しない
★何ごとにも失敗するような気がする
★午前中より午後のほうが元気が出る
★上司が見ていると仕事ができない
★義務感や責任感ばかりが先行する
★寝起きが悪くなった
★ささいなことが気になる

以上のうち、5項目以上当てはまる人は、かなり精神的な疲労がたまっています。自分なりの方法でリラックスすることが必要です。




このホームページのご意見・ご感想はこちらまでinfo@e.oisyasan.ne.jp

Copyright (C) 2000 e.oisyasan.ne.jp. All rights reserved