6月の健康のツボ 【食中毒の多くは細菌性中毒】

●主な細菌性食中毒とその対処策

食中毒は年間2万人以上の患者が発生していて、そのピークは6月から9月の夏場です。

食中毒の大部分は、食物の中に繁殖している細菌によるものです。細菌が食物とともに口から入り発病するものを感染型食中毒といっていますが、その主なものは次のとおりです。

★サルモネラ菌・・・食中毒の中で一番患者数の多い菌です。卵に付きやすいのですが、熱に弱く、十分加熱すると菌は死んでしまいます。

★黄色ブドウ球菌・・・特に傷口や鼻、のどの奥につく毒素を持つ菌です。加熱すれば菌自体は殺菌できますが、毒素自体は加熱によっても破壊することはできません。傷が化膿しているようなときは、食品に直接触れないよう十分注意して調理しましょう。

★腸炎ビブリオ・・・特に6〜9月に多い食中毒菌です。魚介類に多く生息し、15℃以上になると活発に繁殖し、10分間で2倍にもなります。水でよく洗い、調理後はすぐに食べるようにしましょう。刺身を夏の室温に出したままにしておくのはもっとも危険です。

★ボツリヌス菌・・・空気が遮断された状態で増殖します。毒素が出て死亡率が高い食中毒菌です。缶やレトルトパック、真空パックが異常に膨れたり悪臭がしたときは絶対に口にしてはいけません。

●食中毒を予防するためには・・・

たいていの菌は熱に弱いので、食品を煮たり焼いたりして食べれば心配ありませんが、時間が経つと菌がまた増えてしまうので、冷めた魚などは食べる前に再加熱するとよいでしょう。

調理や食事の前はもちろん、トイレの後、外から帰ってきたときも手をきちんと洗うように習慣づけましょう。
また、冷蔵庫を過信してはいけません。物をつめ過ぎたり、何度も開閉していると、菌が増えやすい温度になることもあります。食品は10℃以下で保存しましょう。




このホームページのご意見・ご感想はこちらまでinfo@e.oisyasan.ne.jp

Copyright (C) 2000 e.oisyasan.ne.jp. All rights reserved