【食欲不振がなくなる食事のポイント】

 食欲不振とは、「食べたいという意欲がわかない」状態のことです。消化器系や肝臓病、腎臓病、中枢神経系などの病気によるもの、ストレス、夏バテで体力が消耗することでも食欲が低下します。

 食欲不振で気をつけたいポイントは

(1) 食欲不振の状態が続くと栄養障害が生じるので、少量で高カロリー、高タンパクとなる食事を心がけます。
(2) 緊張した状態では食もすすまないので、なるべくリラックスした状態で楽しく食事をとるようにします。音楽をかけるなどの演出も大切な要素となります。
(3) 盛り付けや器に気を配り、食欲をそそるような食材や調理を工夫します。
(4) 酢や香辛料を上手に使ったり、食前酒を少量飲むのも効果的です。食欲がないときはとりあえず、自分の好きなものから口にしてみると、意外と食べられることもあります。



このホームページのご意見・ご感想はこちらまでinfo@e.oisyasan.ne.jp

Copyright (C) 2000 e.oisyasan.ne.jp. All rights reserved