【どこも悪くないのに“絶不調”】

「自律神経失調症って?」

人間のからだは、自分の意思とは関係なく働いている自律神経によって自動的に調節されています。

自律神経には、からだの働きを促進する交感神経と、からだの働きを休める副交感神経の2種類(消化器系だけは両神経の働きはまったく逆)があり、これらの両神経がうまく協調してからだの働きをスムーズにしています。

自律神経失調症は、こうした両神経のバランスが崩れてしまう病気です。

からだの何らかの病気を思わせる症状があるのに、いくら検査をしても異常が認められないことが特徴です。精神的なストレスが大きく影響する他、遺伝的な体質、生活習慣、不摂生などが複雑に関係して起こります。

◆自律神経失調症で現れる症状◆

・全身(疲れやすい、だるい、のぼせる、冷えるなど) ・脳神経系(めまい、頭痛、集中力の低下、しびれなど) ・循環器系(血圧低下、脈の乱れ、胸苦しさ、動悸など) ・呼吸器系(息切れ、のどの不快感、ため息、あくび、せきなど) ・消化器系(食欲不振、便秘、下痢、吐き気、嘔吐、げっぷ、胃の不快感など) ・骨・関節・筋肉(後頭部の筋肉痛、肩こり、腰痛など) ・皮膚(発汗、手足の冷え、顔の紅潮など) ・泌尿器・性器(頻尿、性欲減退など)

 




このホームページのご意見・ご感想はこちらまでinfo@e.oisyasan.ne.jp

Copyright (C) 2000 e.oisyasan.ne.jp. All rights reserved