【人づきあいが億劫?】

「テクノ依存症になっていませんか?」

コンピュータを中心とするハイテク労働は、肉体的にも精神的にも人間に過大なストレスを与えます。

テクノ依存症、とはコンピュータにのめり込み同化し過ぎてしまう状態のことです。プログラマーやシステム・エンジニアなどコンピュータと密接にかかわる仕事をしている人に多く見られます。

心のひだが失われ、人間関係の微妙なニュアンスが理解できなくなり、家族や友人たちとの会話さえ億劫になって人間嫌いに陥ってしまいがち。
さらには対人関係から逃避するようになってしまいます。

現代の病気、といえるこれらを予防するには次のようなことに注意しましょう。

◆テクノストレスを防ぐ方法◆

○40〜50分間作業を続けたら、10分ほどの小休止をとるようにし、その間自分のことを考えたり、仲間と話をしたりする。
○作業は1日4時間までにとどめる。
○仕事の最中にできるだけ感情を込めて“私”という言葉を多用する。
○出来るだけ人間との接触がある仕事と交互にやる。
○仕事以外に何か趣味を持ち、別のもので自分を表現するように努力する。




このホームページのご意見・ご感想はこちらまでinfo@e.oisyasan.ne.jp

Copyright (C) 2000 e.oisyasan.ne.jp. All rights reserved